So-net無料ブログ作成

カカオトーク

セフレアプリBEST5
私はセフレを探していました。不倫は結婚しているので後々めんどくさくなりそうだからです。それで、恋愛感情抜きのセフレを探すために出会い系アプリを利用していました。知り合った女性がカカオトークのIDを教えてくれたのでカカオトークをするようになりました。カカオトークでの会話は主に、待ち合わせ場所や予定の確認だけです。それ以上の連絡はお互いにしません。セフレはこれだから楽です。もしこれが不倫だったら、他愛もない連絡もしなければいけませんし、愛情表現もしなければいけないでしょう。結婚するとそういったものがめんどくさくなってしまうのです。私が今必要としているのは、そういったものを抜きにした関係でした。セフレとは大体月に2回ほど会っています。妻が、妻の実家へ帰る日が月に2回だからです。大体、毎月妻は息抜きのために、実家へと帰っています。私はその日は自由にできるので、最近では楽しみな日となっていたのでした。始めは家で1人で好きなもの食べて好きなことすることで充実していたのですが、次第にそれにも飽きてきて、セフレを探し始めたのです。今ではセフレとホテルで過ごし、帰宅。帰宅してからも自由に過ごせる時間があるので、私は思いきりリフレッシュしています。なんならもっと実家に帰ってくれてもいいと思っているのですが、さすがにそれは妻にはいいません。もし、疑われてしまったら今の私の充実した生活は跡形もなくきえてしまうでしょう。
クンニされたい
クンニしてくれない
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

クリ肥大

舐め犬募集サイトBEST5
ボンレスハムのように、糸がぐるぐると巻き付けられた女のクリトリスは男の性器よりやや小ぶりといったところだろうか。
もっこりとしてしまうため、スリムタイプのズボンや、女性向けの下着がつけられなくなったとボヤく。
しかし表情からは困っているようには見えない。
むしろ、クリ肥大を誇りに思っているようだった。
「おまえに言われるまま、クリ肥大の調教してきたけどさ、それでどうするんだよ」
「どうって、あなたのためでもあるんだよ?」
「え?」
「最近、よく疲れるよね。二回戦しなくなってからどれくらい経つ?」
「……っ、それを言われると立つ瀬ない」
「いやいや、責めてるわけじゃなくてね。道具でやったこともあるけど、やっぱり肉の感触が一番なんだよね。だから、コレなんだよ」
「は?」
「もう、鈍いな。これで私自身に挿入するの」
「……は、はい?」
「ああ、そんな素っ頓狂な声、ださないで。今、実践してみせるね」
そう言った彼女は、肥大したクリトリスにローションを塗り、穴の中の方も指につけたローションを塗る。
肥大したクリトリスは少し手こきをすると勃起しはじめ、それくらいの大きさの男もいるよな……と思うくらいにまで成長した。
次にその先端をヒダがピクピクしている中へと挿入。
とても異様な光景だか、問題なく入ったようだ。
「ね? でもね、これの難点は深いところを突けないことなんだよね……」
それでも指より太いし、肉の感触がリアルに伝わって感じまくれると豪語。
彼女にここまでさせてしまったふがいなさに押しつぶされそうになる。
すると肥大したクリトリスが愛しく思えた。
さらに言えば、彼女が望むならクリ肥大の調教を続けてもいいかなって思えてくる。
気がつくと、肥大したクリトリスと挿入口に舌を滑らせ愛撫をしていた。
「ごめんな。俺、負けないから」
なにに負けないんだと突っ込まれそうだが、まあいろいろだ。
当面は、彼女にここまで気を遣わせないようにってところかな。
円光をしているJC
女子中学生との援交
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚