So-net無料ブログ作成

出会い系アプリ

おすすめサイトBEST5
夜中にぼーっとテレビを見ていたら、女の子がひたすらラーメンを食べるドラマをやっていた。その強烈な麺テロを前に、猛烈にラーメンが食べたくなってきた。テレビに食生活が影響されるのは「独り暮らしあるある」である。
腹が減ったので何か食うものはないか?と探してみたのが、こういう時に限って何もないのも「独り暮らしあるある」である。
寒いのにコンビニに出かけるのもめんどくさいなあと思っていたら、棚の奥から何とカップラーメンが出てきた。食べる予定はないのにとりあえず買っておいてそのまま忘れてしまうのも「独り暮らしあるある」だ。ともあれ、麺腹の自分には砂漠の中のオアシスに等しい。
さっそくお湯を沸かしながら、テレビのチャンネルを回すと出会い系アプリの紹介をしている番組があった。「実際に出会えるそうなんですよー」などとアシスタントの女の子が言っている。ウソツケ!と思った。そんなかわいい女の子と出会えるんだったら苦労しないわ、と、かつて出会い系アプリにハマってひたすら課金してしまった自分が言うのだから間違いない。
番組では出会い系アプリの使い方を説明していた。「ここを押すだけで自分にあった人がマッチングされるんですよー」などと女の子が言っている。ウソツケ!と思った。このカップラーメンのようにお湯を注いで3分待って自宅で即セフレが味わえるようなアプリなんてあるわけないだろう。そんなものはサクラか業者か冷やかしだ。
まあ、僕も出会い系アプリに夢を抱いていた時期もあった。その結果、出会えないまま童貞をこじらせている現在がある。アプリに課金した額を考えれば、素直に風俗に行っておけばよかったと思う。この番組のMCたちもスポンサーがいるからこんなことを言っているが、心の中では「おとなしく風俗池」と思っていることだろう。
そんな出会い系アプリに捧げた日々を思い出していたら、急に虚しくなってきた。目の前ではカップラーメンが茹で上がり、テレビでは「わたしも誰かと出会えるかなー」とアシスタントの女の子がスリットからはみ出しそうな巨乳をゆっさゆささせながらニコッと微笑んでいた。
何だかすっかり食欲もそがれたので、女の子を見ながらカップラーメンでオナニーしました。
チャットオナニー
エロイプ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。