So-net無料ブログ作成

フェラ援

おすすめサイトBEST5
援助交際は女性のものと思われているかもしれないが、男が援助交際してもいいだろう。俺より金持っている女なんていくらでもいる。ちょっとくらい、俺に援助してくれてもいいんじゃないか?と思う。そのためには労は惜しまない。
ただ、舐め犬とかバター犬とかいう言葉は好きではないな。何で犬なんだよ。女性の同様な行為はフェラ援と呼ばれているのだから、男性のクンニ援があってもいいんじゃないか?フェラ好きの男がこれだけいるように(ちなみに俺もだ)、クンニ好きの女もたくさんいるだろう。だが、フェラ嫌いの女も結構いるように、クンニ嫌いの男もそこそこいる。やはり、性器に口をつけると言う行為は衛生面においても倫理面においても拒否感が働くアブノーマルプレイなのだ。
そう考えると、カレシや旦那にまともにクンニもしてもらえない女も水面下にクラゲのように潜んでいるのではないかとの推理が働く。だから、やり方によってはクンニ援もフェラ援と同様に、十分に成り立つのではないかと思ったわけだ。トイレフェラと言う言葉があるように、トイレクンニがあってもいい。
舐めてお金をもらうのだからお金持ちだったらどんな女性も相手にする覚悟だった。しかし、フェラ援よりはるかに安い額でクンニ援募集をしたにも拘わらず、一つも応募はなかった。何かコツがあるのだろうか?僕はフェラ援をしていた女性と契約を交わして実際に会って聞いてみることにした。
だが「(トイレクンニは)態勢的に無理じゃない?」と、フェラされながら軽くあしらわれてしまった。ただ、彼女との会話でクンニ援に需要があることも分かった。そして、もう一つ画期的なアイデアが閃いた。フェラ援=クンニ援にするのだ。そうすると、お互いに金を払い合うので支払いがチャラになるうえに一度で二度、する側とされる側を一気に楽しめる素晴らしいアイデアだった。そこで僕が揚々と彼女にそのアイデアを語ると「それ、単なるシックスナインだよね」とこれまた軽くあしらわれてしまった。シックスナイン援はちょっと敷居が高い気もするし、そこまでやったらセックスするも同様だ。
難しいところではあるが、よくよく考えてみると僕がただクンニしたいだけなんだよな、と改めて気づくのであった。
離婚したい
人妻の不倫
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。