So-net無料ブログ作成

交際クラブ

パパ活サイトBEST5
交際クラブが小学校のPTAで話題になっている。会員に近所の小学生のお父さんやお母さん、
そして先生までも会員だと言う。

うちの隣のパパが会員だって、そんな事を子供まで知っている。ママも会員になればとまで言う。
なぜそんな事になるのか。

それは近所や学校の付き合いがあまりに形式的だからでは。クラブと言うと、好きな事が一緒の人が
集まって、同じことを突き詰める感じがある。

交際クラブと言うと、何か性的なイメージが付きまとうが、それとは別に、和気あいあいとなごめる
集まりと言う意味にも聞こえる。
これが良いのだ。

うちのパパと隣のママと交際しても全然良いのでは。あるいはうちのママと学校の先生が交際しても良い。

皆好きな人はたくさんいるんだ。だから夫婦だけが好きを許されると言うのは、私でも不自然だと思う。

またキスしたり、セックスしたりするのも、その時様々な理由でありだと言う。

そんな関係は今までの日本ではあり得なかった。つまり人間関係には、触れる関係と話す関係がある。
話す関係は、距離が約1メートル位離れている。
見えるし、聞こえるが、臭いはしない。接触も出来ない。

理屈でコミュニケーションする関係である。

しかし触れる関係は、距離がゼロ、触れられるのだから。そして嗅覚が敏感になる。相手の様々な部分を
嗅ぎ分ける事が出来る。

触れる事が出来れば味覚もある。味わう事が出来るのだ。
つまり触る、なめるは、触覚と味覚で人を知覚する事なのだ。

普通の人間関係がほとんど、視覚と聴覚で成り立っているのに、触覚と味覚で人を知覚するのは、
相当特別な関係にあると言う事なのだ。

だからセックスは頭を狂わせる。普通の視覚、聴覚以外で相手を感じるからだ。

特に皮膚の敏感なところが、普段と違う快感を与える。ここが他人と異なった関係を感じさせるのだろう。
ホ別イチゴ
キス無ゴム有
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。