So-net無料ブログ作成

神待ち

 誰もいない住処に仕事から帰ることの虚しさと言ったらこの上なく、泣きの涙に捨て処のないといった模様、虚しさに支配されていて、出会いでも見つけようと思い神待ちとの出会いを始めてみたのです。
神待ちはピンチの子が多いから、出会いも早いという情報はありましたので神待ちにしぼり相手探しを開始。

会社の帰りに神待ち探しして、即メール始めてくれたミスズちゃんとその足で待ち合わせすることにしました。
19時に駅前の某所で待ち合わせ、人ゴミの中でようやく見つけたミスズちゃんは、見た目も可愛いしなかなかエロいムチムチの肉体の持ち主でした。
メールで交渉したとおりに宿泊と食事提供してあげることにして、一人暮らしのマンションにいったのです。
久しぶりに自宅に人を招いていきまして、なんだか気分も明るくなっていきました。
神待ちが噂通りに即アポとれて嬉しくて仕方ありませんでした、不毛な一人暮らしに花が咲いた感じで無味乾燥なマンションがとても明るい場所になった気持ちになれたのです。
神待ち
ミスズちゃんもやや緊張気味だったけど、お風呂に入らせて食事出してあげてからはリラックスモードで明るく可愛い笑顔も見せてくれるようになりました。
それだけで満足できてしまい、セックスまではしなくてもいいかな、なんて思えてしまうほどだったのです。
ベッドに入ると彼女の方から身体を寄せてきて来たのでそのまま抱きしめていきました。
キスを何度も繰り返し、きつく抱きしめ、またキスをして、その日はそのまま眠りについたのです。

結果的に、いま同棲生活を始めることになり、僕の住むマンションから大学に通うようになっています。
帰宅して誰かがいる、そんな幸せと肉体関係を心身ともに満喫中、神待ちちゃんと知りあえて本当に良かったと感じている次第です。
不倫
愛人契約
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0